概要

背景

111の活火山を抱え,火山近くに都市が形成されている我が国では,大規模噴火により放出される大量の火山灰は,交通機関の麻痺や公共インフラの被害などを引き起こし,その地域の日常生活や経済活動に影響を及ぼす.このような火山灰による被害を防ぐためには,大気中の火山灰の挙動を理解し,その分布を監視・予測する技術を確立することが求められる.

桜島では,これまで様々な大学や研究機関がそれぞれの目的に沿った観測機器により噴煙のモニタリングが行われてきた.例えば,XバンドMPレーダによる噴煙柱観測(京都大学防災研究所,気象庁気象研究所,国土交通省),Kaバンドドップラーレーダによる噴煙柱の観測(防災科学技術研究所),Xバンド船舶レーダによる噴煙柱観測(鹿児島大学,光電製作所,北海道大学,FRSコーポレーション,高知大学),Kuバンドドップラーレ―ダによる降灰観測(鹿児島大学,大阪大学),ライダーによる噴煙の観測(京都大学防災研究所),ドローンによる噴石や気象場の鉛直プロファイルの観測(京都大学防災研究所,日本気象協会),高速度カメラ撮影による噴石の観測(山形大学),高感度カメラによる噴煙監視(気象庁,国土交通省),光学式ディスドロメータによる降灰粒子の観測(京都大学防災研究所,気象庁気象研究所),地上の降灰堆積物のサンプリング(国土交通省,鹿児島県,鹿児島市)などがある.

これらの情報は論文や各機関の報告書などに公開されているものもあるが,体系的に一カ所にまとめられていない.また,非公開の資料が多くあり,情報が必ずしも有効に活用されているとは言えない.

目的

本webサイトは,過去10年間に桜島で発生した顕著な噴火事例の降灰量分布のデータベースを整備し公開することを目的とする.データベースはVASH(Database of Sakurajima Volcanic Ash Fall Distributions)と名付けられた.

謝辞

本研究はJSPS科研費(課題22K03760)および,内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIPⅱ)」の助成を受けた.